ケアスタッフ

職種紹介/求人情報

介護職の仕事

食事、排せつ、着替え、入浴の介助、口腔ケアなど、利用者様の生活のサポートが主な仕事です。また、施設によっては、レクリエーションを行い、楽しい時間を過ごしていただくことも重要となります。利用者様だけでなくご家族様と向き合う事も大切な仕事の一部です。

利用者様の生活を24時間365日サポートする施設や、日中のみ利用者様をお預かりして入浴介助や機能訓練を行う施設、自宅へ訪問し食事や洗濯、掃除といった日常生活をサポートする仕事と、介護職の活躍の場は多岐に渡ります。

  • ご利用者の生活支援や身体介護

  • 体操やレクリエーションの実施

  • 機能訓練の補助

  • 各種記録(PCやタブレット入力あり)

  • 送迎(普通車なので安心/リフト対応あり)

介護職の仕事一覧

新卒者向け募集要項はこちら

介護職(夜勤専従)の仕事

就寝・起床のサポート、夜間巡回、日勤帯のスタッフへの申し送りが主な仕事となります。当社の夜勤時間帯は、16:00~翌10:00となります。

ご利用者の生活支援、身体介護を中心として以下業務も行って頂きます。

  • 夜間時の居室巡回

  • 緊急時の対応や事故発生時の対応

  • フロア清掃や朝食準備

  • 介護記録

介護職(夜勤専従)の仕事一覧

新卒者向け募集要項はこちら

生活相談員

利用者様やその家族様との相談業務・施設や職員との調整やケアマネジャーとの連携など、サービス提供における、ありとあらゆる「連携・調整」が大きな役割です。

幅広く活躍する生活相談員ですが、以下のような業務を行って頂きます。

  • 利用者および家族に対する相談援助

  • ケアマネジャー、地域、他機関との連絡・調整業務

  • 施設内における連絡・調整業務

  • 介護スタッフとの連携

  • 苦情などの対応・窓口業務

  • デイサービスの個別計画の作成

生活相談員の仕事一覧

新卒者向け募集要項はこちら

サービス提供責任者

訪問介護事業所の利用者様のために、ケアマネジャーとヘルパーとの関係をつなぎ、介護サービスの計画を立てる役割を担っています。

訪問介護サービスの利用者様が、より良いサービスを受けられるようにサポートすることが「サービス提供責任者」の役割です。その仕事は多岐に渡り、訪問介護サービスの要となります。

  • 利用者様の申し込みや相談に関わる調整

  • 利用者様および家族とのアセスメント

  • サービス担当者会議への参加

  • 訪問介護計画書の作成

  • サービス提供手順書の作成

  • 同行訪問

  • ヘルパーへの支援・研修指導

サービス提供責任者の仕事一覧

新卒者向け募集要項はこちら

訪問へルパー

介護を必要とする高齢者や障がい者の自宅を訪問して、日常生活の手助けをする職種です。

属する訪問介護事業所(訪問介護ステーション)から利用者宅を回りますが、訪問先は個人宅が基本となります。「介護が必要になっても自分らしく暮らしたい」という利用者の希望に応えることが目的となります。

  • 排泄介助

  • 入浴介助

  • 更衣介助

  • 食事介助

  • 体位変換

  • 移乗・移動介助

  • 通院・外出介助

  • 起床・就寝介助

  • 見守り的援助

訪問へルパーの仕事一覧

新卒者向け募集要項はこちら

資格制度について

介護施設で介護職として働く上で、福祉系資格は必要不可欠です。
資格によっては、その資格を取得することにより仕事の幅が広がる事や、給与アップにも繋がります。
利用者様やご家族様に安心して頂くためにも資格取得は重要なステップとなります。

介護職の資格

  • 認知症介護基礎研修

    必須

    認知症介護基礎研修とは、認知症の方の介護を行う際に必要な知識やケアを学ぶための研修です。
    研修は1日で修了でき、国の定めにより2024年4月から介護従事者の内「介護・福祉系資格」をお持ちでない方は受講が必須となります。
    現在「介護・福祉系資格」をお持ちでない方でも入社後1年以内に受講いただければ問題ありませんので、ご安心ください。
    また、受講費用に関して当社負担で受講することができます。

  • 介護職員初任者研修

    介護職員初任者研修とは、『在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修』です。正社員・パートなどのさまざまな働き方で活躍することができます。
    最近では、家族の介護を念頭において資格を取りに来られる方も増えています。
    資格を取得するためには、講義と演習で構成される約130時間の研修受講と、全課程修了後の修了試験に合格することが必要です。

  • 介護福祉士実務者研修

    介護職員実務者研修とは、幅広い介護サービス利用者様に対する基本的な介護提供能力と、医療的ケアに関する知識・技能の習得を目的とした資格です。

    介護の入門資格といえる介護職員初任者研修の上位資格にあたり、介護福祉士の受験条件でもあります。修了することでサービス提供責任者としても働くことができます。
    介護職員実務者研修は450時間で、通学(スクーリング)または通信で受講します。介護職員初任者研修を修了していると130時間分の受講が免除されます。

  • 介護福祉士 <国家資格>

    介護福祉士は介護系唯一の国家資格です。加齢や心身の障がいなどにより日常生活を送るのが困難な方に対し、入浴や食事など身の回りの介助をおこないます。

    利用者がその人らしい人生を送れるよう、さまざまな職種の人と連携しながら一人ひとりに合った介護サービスを提供したり、在宅介護を希望する場合には、利用者の家族に助言することで適切な介護環境を整えたりすることも大切な仕事です。

資格支援制度・社内認定資格

  • 資格取得支援制度

    介護基礎研修の全額補助・介護職員初任者研修・介護福祉士実務者研修の割引補助など、働きながら資格を取得できる制度が整っています。無資格・未経験からスタートしたスタッフも支援制度を利用して資格を取得しています。

  • ケアテクニカルマイスター制度

    介護サービスに従事するスタッフが受けられる独自認定制度を設けています。介護福祉士に求められる「原理原則に基づいた指導」を実践できる指導者を育成・輩出するとともに、ヒューマンライフケアの全スタッフが正しい知識・技術を身につけ、何よりも重要な「ご利用者様の安心・安全」を守ることを目的としています。
    また、マイスターの取得実績により、昇格・昇給していきます。

  • 認知症KAIGOマイスター制度

    認知症と診断された方が安心して生活を送れるように、認知症についての正しい理解や対応技術を習得すると同時に、ご本人様・ご家族様の気持ちを理解することで、より良い認知症ケアのご提供や虐待の防止を目指すヒューマンライフケア独自の認定資格となります。

教育・キャリアパス

教育・研修制度が整備されているため、介護職が初めての方でも安心して働いていただけます。
また、培ってきた経験や知識が、ご自身のキャリアにつながるような制度をご用意しています。

教育・研修制度

  • 新規入職者ノート・定期的な面談

    入社1年目で身につけたい知識・能力などの目標を新規入職者ノートに記入し、その内容をもとに 1年間かけて上長が個々に指導・育成します。またその進捗や振り返りとして、面談を定期的に開催。悩みや希望等に向き合います。

  • 階層別研修カリキュラム

    採用時研修・役職(施設長・副施設長)着任時研修・拠点別研修など定期的なタイミングで研修を実施しています。また、オンラインでの研修・eラーニングでの研修・対面研修など多様な研修カリキュラムを用意し、知識・スキルの習得をしています。

  • 介護サービスマニュアル

    専門部署が作成した、サービスごとの介護サービスマニュアルを整備し、介護スタッフがいつでも見られるようにしています。具体的な支援方法がわかりやすく記載されているため、より良いサービスのために活用されています。

ケアスタッフのキャリアパス例

ケアスタッフ(介護職)のキャリアパス例です。
介護職には一般職から上級職まで、6段階の職位がありスキルアップをすることによって「C6」の職位を取得することができます。公的資格のほか、社内認定資格(ケアテクニカルマイスター・認知症KAIGOマイスター)の取得により、職位のステップアップが可能となり、それに応じて、昇給をしていきます。

※ピンチアウトで画像拡大


イベント・説明会

    該当のイベント・説明会はありません。

ヒューマンライフケア
5つの特徴

  • 東証スタンダード上場
    ヒューマングループ

  • 理念ースタッフ共通の想い
    「笑顔とこころ
    いつでも人が真ん中」

  • “なりたい自分”
    になるための好循環
    「SELFing」

  • 研修制度や資格支援、
    独自の認定資格で
    広がるキャリア

  • 充実の福利厚生による
    ワークライフバランス
    がとれた働き方

給与・処遇改善

ヒューマンライフケアでは、処遇改善は給与で還元します。スタッフの経験を評価し、一人ひとりのライフプランに寄り添います。